未分類

(MBTI心理機能)PとJの違いはライバル相性

こんにちはおんりけです。


今日は「PとJの違いはライバル相性」
について記事を書きます。

PとJと言うとISFPISFJ
最後の一文字の部分がPかJということです。

なのでISFPとISFJは
ライバル相性になります。

まとめますと、

ISTPとISTJ
ISFPとISFJ
INFPとINFJ
INTPとINTJ
ENFPとENFJ
ENTPとENTJ
ESFPとESFJ
ESTPとESTJ

ライバル相性をまとめました。

僕はENFPタイプなので
ENFJの方が理論上ライバル相性になります。

ENFJと言うと個人的に
かなり馴染み深くお世話になり

僕の場合【姉、世界を飛び回る先生、幼なじみのバドミントンダブルスのペア】
がENFJの心理機能でした。

で、何が起こったかと言うと
双方話しても話してもどちらもがひかないので
結局どちらかが引くまでは止まりません。

思い返してみたら姉、ダブルスの
パートナーの友人とはよく争いました。

とは言っても
心理機能は違うものの

・直感、感情タイプ←ENFP、ENFJの場合ここ
・感覚、感情タイプ
・思考、直感タイプ
・思考、感覚タイプ
が同じです。

なのでよく似ています。
似てるけどなんか違うと言った感じです。

では争いの対処法は何でしょう?
それは争わないことです。

どちらかが引けばライバル
相性であれば争いは終わります。

ENTPとENTJが争っている(互いに20代)
すごい場面に遭遇したこともありますが
互いに話し合い納得していたようでした。

-未分類

© 2021 MBTI心理機能革命所